トップページに戻る

新着情報
-120 ℃ の三元冷凍方式
従来の -80 ℃ 二元冷凍方式から、さらに 
-120 ℃ 三元冷凍方式の運転を確立しました。

温度
                →熱量
三元冷凍方式の特長
○ およそ−80℃から−120℃の温度帯において、三元冷凍方式は二元冷凍方式よりも運転効率がよい特長があります。
  それは、三元冷凍方式を構成するコンプレッサーの圧縮比が二元冷凍方式より小さくできるためで、安定した効率の良い装置
  を設計しやすい方式です。
三元冷凍方式の応用
○ 最先端の医療やバイオから物性研究、新素材開発などの広い分野において低温への試みが広がっています。
○ 冷やすものの形状や大きさ、取扱い方法などの多様な変化に対応する設備設計には、より自由度の高い方式が求められます。
  弊社では三元冷凍方式で低温分野への貢献を目指します。
詳細については弊社までお問い合わせください。 株式会社 山昇冷機製作所
埼玉県熊谷市成沢1136
048-536-6771 (TEL)
048-536-6753 (FAX)
info@sanshoreiki.co.jp

トップページに戻る